So-net無料ブログ作成

おとなが育つ条件――発達心理学から考える [新書]

おとなの成長について家族や地域とのコミュニケーション、
ジェンダー論などを中心に分析している。
現代において「男らしさ」「女らしさ」に囚われることは
男女とも心の安定と幸福に繋がっていない。
従来のジェンダーから離脱した男性性と女性性を兼ね備えている人が
増えてきており、仕事と家庭のワークライフバランスを
考えながら生きていくことが重要である。


おとなが育つ条件――発達心理学から考える (岩波新書)

おとなが育つ条件――発達心理学から考える (岩波新書)

  • 作者: 柏木 惠子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2013/07/20
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る