So-net無料ブログ作成

卵子探しています: 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて [ノンフィクション]

ここ数年、メディアで不妊治療が話題となることが多い。
晩婚化、少子化が進む日本だが、
諸外国の不妊治療の状況はどうなのか。
この本ではスペイン、フランス、日本、アメリカ、タイ、スウェーデンの
不妊治療事情について取材している。

スペインやタイは不妊治療に対する規制が少なく自由度が高い。
フランスは43歳未満まで公的保険がカバーしている。
しかし、それにより治療技術の進歩が遅れることが懸念される。
アメリカはビジネスとして市場が巨大化している。
スウェーデンにおいて不妊治療は夫婦ではなく子供にとってベストであるべきもの。
制度もそれに倣っている。
日本は法整備やルール化が中々、進みづらい状況か。

国によって価値観や倫理観の違いが伝わってくるので
比較文化論的な観点で捉えても興味深かった。


卵子探しています: 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

卵子探しています: 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

  • 作者: 宮下 洋一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/03/19
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る