So-net無料ブログ作成

吹田ITFテコンドークラブ練習日 [テコンドー]

今日は久しぶりの練習生が参加されました。
ありがとうございます。
相変わらず切れ味鋭い技を魅せてくれましたね。

練習はミット蹴りの後、2人1組の柔軟体操、
基本動作、課題の型を行いました。
白帯の練習生は来週の昇級審査を目指して、
M指導員やK準指導員のもと徹底的に練習しました。
かなり疲れていたようですが、残り日数が僅かとなりましたので、
集中して頑張りましょう。

黄帯は課題の飛び蹴りや
脚を抱えたまま相手に近づいての横蹴りや掛け蹴りなどを練習しました。
初めて練習したメンバーは、やや疲れてしまったようですが、
使いこなせれば、組手の幅が広がりますので、
どんどん練習していきましょう。

チャレンジカップに出場予定の練習生は組手を数ラウンド行い、
練習を終えました。

来週3/4(金)は第3武道室にて
午後7時から9時まで「平日チケット無料DAY」の練習があります。
お時間ございましたら、気軽にご参加ください。
3/6(日)の練習は第1武道室にて午後6時から9時までです。
多数のご参加お待ちしております。

3/6(日)は吹田市立山田市民体育館にて関西地区昇級審査と
第5回関西チャレンジカップを開催します。
審査は9時開場、9時半開始、11時頃集合予定。
チャレンジカップは10時半集合、11時頃開始予定です。
奮ってご参加ください。

IMG_8128.JPG

IMG_8064.JPG

IMG_8159.JPG

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ミッション:8ミニッツ [映画]

シカゴ行きの通勤列車が爆破され、乗客全員が死亡してしまう。
スティーブンス大尉は乗客が死ぬ8分前の意識に潜り込み、
爆破の犯人を暴いて、次のテロを阻止する任務を与えられる。

上映時間が短く、テンポ良く進むため、
ループも楽しく鑑賞することができた。
ラストはやや強引だが、
それなりに希望が持てて上手くまとめていた。


ミッション:8ミニッツ [DVD]

ミッション:8ミニッツ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2013/01/22
  • メディア: DVD



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ミリオンダラー・ベイビー [映画]

貧しく家族が崩壊状態にあるマギー。
彼女はプロボクサーでの成功を夢見て
名トレーナーのフランキーに弟子入り志願する。
フランキーは慎重な試合しか組まないため、
優秀なボクサーたちに逃げられ、
また不器用な性格のため娘とも音信不通だ。
初めはマギーの弟子入りを断っていたフランキーだが、
熱心にジムで練習する彼女を教えるようになっていく。
やがて2人は強い絆で結ばれるが…

前半のサクセスストーリーから一転して、
後半はマギーの身に悲劇が降り掛かる。
キリスト教的価値観やアイルランド系移民のことに詳しいと、
より深く理解できる場面があるのかもしれない。


ミリオンダラー・ベイビー [DVD]

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 [その他]

不朽の名作漫画『日出処の天子』の解説本。
作品や登場人物紹介、作者へのインタビューだけでなく、
舞台となった飛鳥や河内の紹介、聖徳太子絵伝の解説といった歴史的、
地理的アプローチからも作品に迫っており、
盛りだくさんな内容になっている。


山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)

山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2016/01/04
  • メディア: 雑誌



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本プロレス事件史(17) [その他]

17号は日本人対決特集。
巻頭記事は1988年8月8日の藤波VS猪木について、
安田拡了氏が藤波本人と共に振り返っている。
タフガイコンテスト、大技の乱れ打ちのプロレスへの批判もチラリ。
この試合が名勝負になったのは、
あくまで2人が培ってきた技術と歴史があったからだろう。
猪木に勝てなかったことで
藤波を貶める意見もあるが(特にミスター高橋)、
飛龍革命のフィナーレとして、これほど美しいものはないのでは。
故に人々の記憶に残り、今も語られているのだ。

高田VS北尾は関係者から語られ尽くした感はあるが、
ここでは当時、Uインターに深く関わっていた流智美氏による回想録。
試合に関するルー・テーズの反応が面白かった。

1987年、藤波VS木村健吾のワンマッチ興業は懐かしい。
抗争中の凶器入り稲妻レッグラリアットは印象に残った。


日本プロレス事件史(17) (B・Bムック)

日本プロレス事件史(17) (B・Bムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2016/01/16
  • メディア: ムック



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る