So-net無料ブログ作成
検索選択

日本プロレス事件史 vol.30 黄金時代の衝撃 [その他]

この号にてシリーズ完結。
巻頭記事は革命戦士時代の長州力について。
その存在感は一般世間にまで浸透していたので、
80年代のプロレス黄金期を代表するのに相応しい人選だろう。
90年代は三沢光晴の記事が中心。
アマレス時代の写真が初々しい。
70年代は猪木VSアリが全米を巻き込んだ大興行であったことが
改めて語られている。

このシリーズは各巻ごとに
テーマに則した様々な時代の出来事が掲載されていた。
そのため若干、雑多な印象を与えるものになってしまったかもしれない。
ライターによって内容の掘り下げ方に差があるようにも感じた。
何はともあれ30号までお疲れさまでした。





第11回全日本テコンドー選手権大会及び第2回全日本Jr選手権大会 関西ITFテコンドー連盟出場選手 [テコンドー]

2017年3月5日(日)岐阜メモリアルセンターにて
第11回全日本テコンドー選手権大会及び第2回全日本Jr選手権大会が開催されます。
関西ITFテコンドー連盟からは11名の選手が参加します。

西村千絵子(トゥル成年女子一段)
IMG_1085.JPG

濱崎悟志(マッソギ男子マイクロ級)
IMG_1011.jpg

工藤慎也(マッソギ男子ライト級)
P7100705.JPG

福留篤広(マッソギ男子ヘビー級)
IMG_8560.JPG

宇山龍太(トゥルJr男子、マッソギ男子Jrミドル級)
IMG_0114.jpg

村山歌(トゥルJr女子、マッソギ女子Jrヘビー級)
IMG_0251.jpg

村山音(トゥルJr女子、マッソギ女子Jrヘビー級)
IMG_0253.jpg

川嶋那奈(トゥルJr女子)
IMG_0271.jpg

大城俊希(マッソギ男子Jrミドル級)
IMG_0701.jpg

菅原朋也(マッソギ男子Jrミドル級)
IMG_1015.jpg

向井皓紫(マッソギ男子Jrミドル級)
IMG_0031.JPG

皆様、応援よろしくお願いします。


吹田ITFテコンドークラブ練習日 [テコンドー]

2月はあっという間ですね。

練習は準備体操の後、ミット蹴り、2人1組の柔軟体操、
基本動作と課題の型を行いました。
全日本大会出場メンバーは10級から1段までの型を練習しましたが、
仕上がりはかなり良い感じでした。
大会での活躍が期待できそうです。

今日はM指導員、N指導員、K準指導員と豪華指導メンバーが揃ったため、
練習生たちは、ほぼマンツーマンで指導を受けることができました。
習ったことをしっかり復習して、
今後の技術向上に繋げていきましょう。
指導してくださった皆さん、ありがとうございました。

来週3/3(金)は午後7時から9時まで「平日チケット無料DAY」の練習があります。
お時間ございましたら、是非ともご参加ください。
3/5(日)の練習は第1武道室にて午後6時から9時までです。
Y指導員の代行指導となります。
奮ってご参加ください。

IMG_1074.JPG

IMG_1075.JPG

IMG_1077.JPG

IMG_1081.JPG

IMG_1082.JPG

ダーティハリー [映画]

職務遂行のためには手段を選ばない
サンフランシスコ警察殺人課のハリー・キャラハン刑事。
彼は「ダーティーハリー」と呼ばれていた。
ハリーはスコルピオと名乗る連続殺人犯と息詰る攻防を繰り広げる。

スコルピオは70年代のアメリカが生んだ狂気なのだろう。
アンディロビンソンの演技はインパクトが大きかった。
音楽カメラワークも印象に残る。


ダーティハリー [DVD]

ダーティハリー [DVD]




男はつらいよ 寅次郎恋歌 [映画]

1971年12月公開。
さくらの夫・博の母親が亡くなる。
さくらと博は故郷の岡山へ。
そこへ寅次郎もやってくる。
博は父親との関係が悪く、葬儀のあとも不協和音が残る。
寅次郎は孤独な父親としばらく一緒に生活するが、
父親に「一家団欒こそ家族の幸福」と諭される。
柴又に帰った寅次郎は美しい未亡人・貴子と出会う。
一目惚れした寅次郎は彼女が経営する喫茶店に通い、
幸福な家庭を夢見て子供の面倒まで見るのだった。

前半、父親に反発して博が母親の思い出を涙ながらに語る。
自分の夢を封じ込めて、黙って夫に尽くした人生は果たして幸せだったのか。
考えさせられるシーンだった。
言葉数の少ない父親役・志村喬が良い味を出している。
寅次郎の貴子への想いは強く、彼が発した言葉にはある種の覚悟を感じる。
しかし惚れた相手との微妙な考えのすれ違い。
そこを察してしまった男の哀しさが上手く描かれていた。





メッセージを送る