So-net無料ブログ作成
検索選択

猪木は馬場をなぜ潰せなかったのか: 80年代プロレス暗闘史 [ノンフィクション]

最近、文芸系出版社からの回顧的プロレス本が多い。
購買層はおそらく40代であり書店で手にとって本を買う世代なので、
まだまだ売れるからだろう。
著者はプロレス関係の本では初めて目にした名前だ。
経歴を見ると1961年生まれで
80年代から90年代にかけて新書の編集者をしていたとある。
一読してみても
プロレスライターが偽名を名乗っているわけではなさそうだった。

内容は1980年代のプロレス界が1年ごとに上手くまとめられていた。
ハンセン全日本移籍や長州のかませ犬発言、
IWGPでの猪木舌出し失神といった大きな事件だけではなく、
地方大会での細かく見逃せない出来事も取り上げられていた。
馬場と日本テレビとの関係、
テレビプロレスが頂上を極めたあと、衰退していく様子が臨場感を持って描かれている。
参考文献としては、
昭和プロレスの真相に迫るムック『Gスピリッツ』からの引用が多かった。


猪木は馬場をなぜ潰せなかったのか: 80年代プロレス暗闘史

猪木は馬場をなぜ潰せなかったのか: 80年代プロレス暗闘史




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る