So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ
前の5件 | -

最新版 発達障害-LDとADHDがよくわかる本 [その他]

LD(学習障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害は
脳の発達の不具合から生じるものである、
ただし最近、症状の悪化や持続には
環境要因も関係している可能性も高くなっている。

この本ではLDやADHDの特性、治療方法、療育方法等々が
わかりやすい言葉で解説されている。
実際の教育現場では難しいことも多いのだろうが、
他者への思いやりを忘れずにいることが大事なのだと再認識させられる。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

だから、俺はプロレスで夢を追う! [その他]

新日本プロレス所属レスラー・真壁刀義の自伝的エッセイ本。
現在、活躍するレスラーたちへの想いや
プロレスへの愛情がメインに語られている。
生い立ちの記述は少ない。
スイーツ好きとして、一般メディアにも登場している真壁だが、
プロレス人気復興に与えた影響も大きいのだろう。


だから、俺はプロレスで夢を追う!

だから、俺はプロレスで夢を追う!

  • 作者: 真壁刀義
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

発達障害とはなにか 誤解をとく [その他]

マスコミやネットで発達障害が取り上げられることが増えている。
しかし、その中には正しくない情報もたくさん含まれており、
それに振り回されてしまう人たちも多い。
この本では発達障害に対して
一般的に語られている誤解をとき、
様々な症例を紹介し、読者の理解を深めようと試みている。

脳科学や遺伝学、医学史および薬学的な話題
初学者にはやや難しく感じるところも多いかもしれないが、
全体的に上手くまとまっている。
発達障害について更に知識を深めたい方には
向いている書籍だといえるだろう。


発達障害とはなにか 誤解をとく (朝日選書)

発達障害とはなにか 誤解をとく (朝日選書)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

絶対、読んでもためにならない本―矢野通自伝 [その他]

新日本プロレスで活躍するヒールレスラー・矢野通の自伝本。
生い立ち、レスリングエリート時代、新日本プロレス入門
現在の状況などが、思わずにやりと笑ってしまう内容で綴られている。
斜に構えつつも、
努力や考えることを怠らなかったところが成功の秘訣なのだろう。


絶対、読んでもためにならない本―矢野通自伝

絶対、読んでもためにならない本―矢野通自伝




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

証言UWF 最後の真実 [その他]

『1984年のUWF』連載以来、
再びUWFに注目が集まり、議論が活発化している。

この本はUWFに関わったレスラー、マスコミフロントたちの
証言集であり、一つの出来事でも立場が異なれば、
違った見方ができることが浮き彫りになっている。
特に第二次UWFの神新二社長に対する評価の落差に
人間の多面性が垣間見れた。

それぞれの証言は既出のものが多いが、
たまにこれは初めてかなと思われるものもあった。
前田日明が空手時代の先輩・田中正悟の悪行ついて、
かなり深いところまで語っているのが興味深い。
『週刊プロレズ』『格闘技通信』初代編集長・杉山氏の登場は珍しいのでは。
元フロント・川﨑氏は『現代ビジネス』でのインタビューの方が
より細かいところまで言及している。

証言・「1988年の新生UWF」(前篇)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51392

旧プロレスファンとはいつまでも語り続けたい、
語りを聞いていたい人種なのだ。
彼らにとってUWFは最も語りがいがあるものの一つ。
最後なんて、きっとどこにもないのだろう。


証言UWF 最後の真実

証言UWF 最後の真実




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - その他 ブログトップ
メッセージを送る