So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ
前の5件 | -

闘魂最終章 アントニオ猪木「罪深き太陽」裏面史 [その他]

著者は『週刊ファイト』編集長であった井上譲二氏。
井上氏はプロレスの裏側について書くタイプだ。
この本でも自身の取材をもとに
アントニオ猪木や新日本プロレスの内幕が描かれている。

既出のネタも多いが、細かいところで初めて目にする話もある。
日本プロレス時代からIGFまで
ざっくりと猪木の歴史を振り返るのにはちょうど良い内容だろう。


闘魂最終章 アントニオ猪木「罪深き太陽」裏面史 (プロレス激活字シリーズvol.3)

闘魂最終章 アントニオ猪木「罪深き太陽」裏面史 (プロレス激活字シリーズvol.3)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新間寿の我、未だ戦場に在り! <虎の巻> 過激なる日本プロレス史 [その他]

昭和プロレスの語り部として
再び活動を始めた過激な仕掛人・新間寿氏のムック第二弾。
既出のエピソードは多いが、
プロレスに深く携わってきた氏ならではの回顧録は
まさしく温故知新といったところだろうか。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本プロレス事件史 vol.30 黄金時代の衝撃 [その他]

この号にてシリーズ完結。
巻頭記事は革命戦士時代の長州力について。
その存在感は一般世間にまで浸透していたので、
80年代のプロレス黄金期を代表するのに相応しい人選だろう。
90年代は三沢光晴の記事が中心。
アマレス時代の写真が初々しい。
70年代は猪木VSアリが全米を巻き込んだ大興行であったことが
改めて語られている。

このシリーズは各巻ごとに
テーマに則した様々な時代の出来事が掲載されていた。
そのため若干、雑多な印象を与えるものになってしまったかもしれない。
ライターによって内容の掘り下げ方に差があるようにも感じた。
何はともあれ30号までお疲れさまでした。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

懐かしくて新しい昭和レトロ家電―増田健一コレクションの世界 [その他]

昭和30年代は「三種の神器」を中心に様々な家電製品が登場した。
この本ではその時代に発売された家電を
有名なものだけではなく、一風変わったものまで紹介している。
それに対する著者のコメントが面白く、
レトロ家電に対する愛情が伝わってくる。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

痛快無比!! プロレス取調室 ~ゴールデンタイム・スーパースター編 [その他]

レジェンド・レスラーたちとの座談会本第2弾。
人選を見ると、
ゴールデンタイム・スーパースター編との副題はあまりふさわしくない。
それでも居酒屋トークっぽい話題は面白く、
昭和プロレスファンにとっては楽しめる内容になっている。


痛快無比!! プロレス取調室 ~ゴールデンタイム・スーパースター編~

痛快無比!! プロレス取調室 ~ゴールデンタイム・スーパースター編~




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - その他 ブログトップ
メッセージを送る