So-net無料ブログ作成

幸福の増税論――財政はだれのために [新書]

日本の財政の現状と増税の必要性だけでなく
勤勉国家と自己責任など社会論についても述べられている。
著者は増税によるベーシック・サービスの実現を提唱。
将来の不安を解消し、
より希望の持てる、過ごしやすい社会を実現することが
今後、必要になってくるを感じさせる内容だった。


幸福の増税論――財政はだれのために (岩波新書)

幸福の増税論――財政はだれのために (岩波新書)

  • 作者: 井手 英策
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2018/11/20
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 

カラー版 - ふしぎな県境 - 歩ける、またげる、愉しめる [新書]

世間一般には浸透していないが、県境マニアは存在する。
地図を見ていると、不思議な形の県境があり、
実際にその場所へ足を運ぶのだ。
都道府県によってマンホールの形やアスファルト、歩道等が異なるので、
県境に立つと、その違いがよくわかるという。
この本はカラーで写真付き、かつユーモア溢れる文章なので、
楽しく読むことができる。

関西地方では
奈良と京都の県境があるイオンモール高の原が見に行きやすいだろう。
和歌山、三重、奈良に囲まれた飛び地「北山村」も気になるところだ。


カラー版 - ふしぎな県境 - 歩ける、またげる、愉しめる (中公新書)

カラー版 - ふしぎな県境 - 歩ける、またげる、愉しめる (中公新書)

  • 作者: 西村 まさゆき
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: 新書



nice!(2)  コメント(0) 

英文法の楽園 - 日本人の知らない105の秘密 [新書]

英文法への質問について
見開き2ページで回答している。
具体例の文章は簡潔でわかりやすいので、
初級者にもとっつきやすいのでは。
英語への関心が深まる内容となっていた。


英文法の楽園 - 日本人の知らない105の秘密 (中公新書)

英文法の楽園 - 日本人の知らない105の秘密 (中公新書)

  • 作者: 里中 哲彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/08/25
  • メディア: 新書



nice!(2)  コメント(0) 

アメリカとヨーロッパ-揺れる同盟の80年 [新書]

第二次世界大戦以降のアメリカとヨーロッパの関係について
両地域からの視点で考察している。
東西冷戦、デタント、中東危機、ソ連崩壊、9.11テロ、オバマ政権、トランプショック
と各時代ごとにわかりやすくまとめられていた。
ヨーロッパと一括りにしがちだが、英仏独西、北欧、東欧諸国、
アメリカに対してそれぞれ違った立場をとっており、
各国間の関係について深く考察することができる。


アメリカとヨーロッパ-揺れる同盟の80年 (中公新書)

アメリカとヨーロッパ-揺れる同盟の80年 (中公新書)

  • 作者: 渡邊 啓貴
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/08/17
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 

賢い患者 [新書]

著者は認定NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」の理事長。
COMLは患者側の目線で活動している団体だ。
著者が体験した
1990年代の情報が閉ざされた医療現場についても
詳細に触れられており、現在との違いが比較できて興味深い。
個人の想いが強く出ている新書だといえよう。


賢い患者 (岩波新書)

賢い患者 (岩波新書)

  • 作者: 山口 育子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2018/06/21
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0)